部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

部屋に入ってきてから最後まで楽しむ


部屋に入ってきてから最後まで楽しむ
"出張や旅行などに行って、宿泊しているホテルにデリヘルを呼んだり「風俗」を利用されることがある男も多いでしょう。
最近ではインターネットで簡単に予約をすることが出来るので利用者が増えてきているのです。
女の子の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを思いつつ、うっかりと忘れモノを残してしまうことがあります。
退室をする時には「何か忘れ物は無い?」などと一声かけてあげると良いでしょう。

デリヘルでのお楽しみが終了したらうだうだしていてもどうしようもありません。
最後は女の子とのプレイを思い出しつつ、軽くイチャイチャしながら別れを楽しむようにしましょう。

プレイ後にあなたが「また是非とも遊びたいな」などと伝えるだけで、きっと女の子も大喜びしてくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく「またね」が言えるような状況で別れましょう。"

ツーショットダイヤルドットコム
http://3455.tv/kaiin/2shot1.php
ツーショットダイヤルのこと



部屋に入ってきてから最後まで楽しむブログ:17/11/27

小さい頃、
あたしはよく怪我をしていたらしい。

自分では記憶に無いが、
ブロックの壁に向かって笑いながら突っ込んで行ったり、
自転車の車輪に足を突っ込んで怪我したり…

いつも姉貴やお兄さんと遊んでいたのだが、
怪我をするたびに
長女である姉貴が母に怒られていたらしい。

だいたいそう言う話が始まると、
子どもの頃のビデオの話になる。

ビデオには、
小さかった頃のあたしたちが、
楽しそうに遊んでいる姿が映っている。
それを楽しそうに撮り続ける母。

ブランコから落ちた子ども…
それを楽しそうに撮り続ける母。
滑り台から落ちた子ども…
それを楽しそうに撮り続ける母。

どんなに泣き叫んでも、
誰も駆け寄ってくることは無く、
子どもの泣き声とともに母の笑い声が…

見るたびに
「普通、親は子供がブランコから落ちて泣き叫んだら
走って抱きかかえに行くんじゃないの?」と、
母に問いかける。

すると母は、
「ちゃんと自分の力で立ち上がってほしいから助けに行かなかったのよ。
それに、あの姿を見ているのが楽しかった!」
と笑いながら言った。

こんな母に育てられたせいなのか
残念なほどにその気持ちがすごくわかってしまう…

おかげでそんな話も笑って話せるように育ったし、
精神的にも丈夫に育った気がする。

今では
全然見なくなったビデオは
ホコリをかぶっていてまともに映るかどうか分からないが、
あたしはたまに見たくなるときがある。

時々でいいから、
こんな話を笑って話し続けることができたらいいなって思う。

その度になんだかホッとするから…
その度にこの親の子どもでよかったなって思えるから…

笑い声の絶えないこの家族があたしは大好き!
親父と母に心から感謝!!
部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

★メニュー

利用をしてはいけないデリヘル業者
刺激を更に求めているならこの風俗
相手をしてくれている女の子には親切に
女の子に攻められるのも悪くない
優良風俗業者を見極めるポイント
デリヘルを選ぶ時にメールでチェック
大衆型風俗と言えばやはりピンサロ
こんなプレイも風俗なら全然可能
性的サービスのあるエステやマッサージ
部屋に入ってきてから最後まで楽しむ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)何度も通いたくなっちゃう風俗情報